« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

2006年1月26日 (木)

珍しい魚

DSCN0389 写真は ノドグロカサゴと言う魚です。大きさは約35cm800g。口の中からお腹の内側が 真っ黒のかさごです。御前崎からやってまいりました。私も 見るのも調理するのも初めてでしたが、その身は 淡白で でも粘りがあり すごく上品な味でした。半身は薄造り、もう半身は皮霜にしてお出ししました。皮霜と言うのは、皮を引かずに 皮目から熱湯をかけ氷でしめて 刺身にするやり方です。こうすることで 皮のゼラチンも一緒に食べられますので いっそう味がこくなります。あらは お吸い物に、ひれは 干して ひれ酒に。びっくりするくらい大きなひれは3人前。本日 先着3名様のみ。お早めにどうぞ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月23日 (月)

大寒生まれの”たまご”

6b916b403fd35424a1656f21f811f218  風水の世界では 大寒の日(1月20日)に産卵された卵を食べると 金運があがるそうな。普段占いなど あまり信じない私ですが、こんな時には神頼み・・と思い、大雪の中 仕入れて参りましたのが 写真の「お卵様」。
 是非 お客さんに食べていただこうと 用意しております。無料でお配りしておりますので、是非ひとつ 食べてみてください。
 今年も 皆様にとって 良い年でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月18日 (水)

タチウオです。

DSCN0356  でっかいのが 入りました。しっぽの先までいれると1メートルと80センチです。この時期 けっこう脂がのってるんですよ。刺身はもちろんですが なんといっても塩焼きですね。酢橘を ギュッと絞って 身離れのよい魚ですので どうぞ アツアツを ほおばってみてください。
 寒にはいって 冬の肴が ドンドン旨さを増してきております。ほかに たらの白子や 天然のホタテなども うっまいですよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »