« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »

2005年10月30日 (日)

学生時代

 左京区松ヶ崎は、鴨川の上流 出町柳(でまちやなぎ)で川が二股に分かれ (というよりもふたつの川が合流して 鴨川となるのですが) そのひとつ 高野川の西岸に広がる畑や田んぼの多い平地でした。北に小高い”松ヶ崎山”を臨み、山というより丘ですが ここは京都五山のひとつで 大文字の送り火の日 「妙法」という字が 点されます。hou2002 ところで鴨川は分かれて、東が高野川、西は かもがわ ですが、加茂川と字を変えるのをご存知でしたか?ついでに 下鴨神社、上加茂神社と書きます。
 下鴨神社の北東 下鴨高木町に 【すずきや】と言う屋号のおでんやがありました。店主の”おじぃ”は当時 80歳くらいだったでしょうか、とくに旨くはないのですが おでん一個40円から、日本酒1合180円という値段につられ よく通ったものです。この店の客には近所の学生や労働者風のおじさんが多く、背広を着たような人はほとんど見かけませんでしたね。このあたりには 我が大学をはじめ、京大 ノートルダム女学院 府立大学 同志社 立命 精華女子大などがあり、学生の町でした。
 名前が今思い出せないのですが、府立大の弓道部にいた同級生の女の子を時々【すずきや】で見かけました。その店で飲んでいると 隣の席のおじさんに度々声を掛けられ、話し相手をしていました。「兄ちゃん、どこの学生や?」「はい、そこの工繊大です。」「そうか、わしゃこう見えても 京大出とんねん」と、見るからに労働者風のおやじ、「そうですか、すごいなぁ僕とはレベルが違うわ」「んん、兄ちゃん ま一杯飲めや」「おおきに いただきまぁす」・・・と、こんな感じでよくごちそうになってました。そんなこんなをいつも見ていた店のおじぃが ある雨の他に誰も客のいない晩、「やそいちくん、あんた水商売やりはったらエエデ、絶対成功するさかいに」と 悪魔のささやきを僕にくれてよこしたのでした。               続く

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月29日 (土)

やそいち 我が半生

 風邪 なんとか治りました。やはりなんですか、なかなか治らないですね 2週間かかりましたよ。女房のブログ、見てくれてる人もあるようで ありがとうございます。よろしければ そちらにもコメントいれてやって下さい。うっちぃのもよく見ているのですが、カメラの知識がない小生にはなかなかコメントしづらく・・・すまん、うっちぃ!
 またまた、ネタが尽きてききましてどうしようか困ってます。そこで、まぁ 私のここまでの歩みというか、半生をぼちぼち綴ってみようかと。
 1977年にみなさんとともに高校を卒業して、京都工芸繊維大学繊維化学科に入学しました。この大学は後に ノーベル化学賞を取られた福井謙一先生が学長を努められました。って、私とは全くの無関係ですが・・・。入学当時、大分県の学生寮が鞍馬寺に近い ”二の瀬”という所にあり、そこで学生生活を始めました。そこには高校の同級生や先輩も沢山おり、M宅君とは同部屋で約1年半 彼の寝言と付き合いましたよ。豪華弁当のS入君や、野球部K毛君なんかもいましたね。京大をはじめ、立命 同志社 京産大などなどいろんな大学の人がいて けっこうおもろいとこでした。秋に催される寮祭にフライトアテンダントになったM代さんに来てもらったの、覚えてます。同じ京都市内とはいえ、かなりの町外れにある寮まで・・・ほんと いまさらながらゴメン。でも、ちょうど今頃は一足早く紅葉が綺麗で、近くに流れる川からは かじか蛙の良い泣き声が聞こえる素晴らしいとこだったなぁ。
 しかし、山奥にあったこの寮は生活するに ちと不便で2年の秋にそこを出て大学のそばでアパート暮らしを始めました。1年の時から始めた喫茶店のバイト、店はアパートのすぐそばで結局卒業するまでそこにお世話になりました。以来 約30年包丁を握るきっかけとなったのが 「喫茶ミコノス」だったのです。     続く

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年10月20日 (木)

風邪引いちゃってます。

 更新なかなか出来ずにいて、皆さんごめんなさい。
 先日のラグビー部両名の情報より、同部のT原君も東京にいる事を知りました。彼とは1,2年の同級で、2年の時はあのM本ショーリョーのクラスでした。運悪く彼は3年も確かM本。
 どういう訳か、運動部に対してヒジョーに厳しいかの先生との思い出話をひとつ。当時、遠征等で学校を休む時は必ず届け出と帰ってからの挨拶が義務付けられていましたが、その件でよくT原君は怒られておりました。ある遠征のあと、いつも起こられてばっかりなので 今日こそきちんとしようと、書類と遠征先で買った先生へのお土産を手に 嬉しそうにホームルームの始まりを待っておりました。そこへ M本登場、いきなり大声で T原君を教壇に呼び出し、名簿で頭をボッカァ~ン!「なんで、授業前に教官室に挨拶にコンノジャァ」
 あの時のお土産は いったいどうなったかまでは 残念。覚えておりません。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年10月16日 (日)

I崎さん 登場

 二日続きの訪問に感激のワタクシ。でも、でも ”さっぱり判りましぇ~ん”でした。おんなのひとって やっぱ変わるもんですねぇ。声聞かなきゃ、ホント気が付きませんよ。変身振りは是非、マイフォト(画面左下)でごらんになってね。
 今回の新ネタは京大に行ったS入君の高校時代の弁当の中身の充実振りについて。すごく手間のかかった豪華弁当だったってみんな知ってた?やつはいつも僕のコーヒー飲んでたくせに、くっそぉ!弁当くってやりゃよかったなぁ。それと、確か京女だったと思うんだけど(違ってたらゴメン)M代さんは スチュワーデスになってたんだね。っあっ、今はフライトアテンダントって言うんだよね。ハワイ在住だそうです。そういえば仲の良かったS賀ちゃん(アニメの声みたいな子)のこと聞くの忘れてました。そうそう、私生物クラブのぶちょ~してたんでした。みんな、どうしてんでしょうね。知ってる方、情報ください。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005年10月15日 (土)

キャプテンとH君

DSCN0271 来てくれました。またまた、30年ぶりの再会です。予定よりだいぶ早く、6時半の来店にちょっとびっくり。しかし話がはずむうち あっという間に閉店の12時でした。貫禄を増したキャプテンは今 広告代理店の社長に、精悍さを増したH君はこの春60人の部下を持つ部長に昇進したそうです。あらためて、おめでとう。仲間の活躍ぶりはやはり嬉しいものですね。
 ”少量多品種で”と言うキャプテンからの注文でしたが、ふたりとも実によく食べ、飲みましたよ。ハードな練習で鍛えた体、いまだ健在のようです。数年前、奥様を亡くしたH君は ふたりの息子をかかえ奮闘中、日々の弁当作りが大変と言う話に ちょっとシンミリ。一応食のプロとして、一役買って出ようと思う やそいちでありました。
 本日、あらたに I崎さんの訪問があります。遅々としながらもこのページ、少しづつ充実の予感。
 み~んなぁ、待ってるぜ~い!
 マイフォトに、新しい写真アップしました。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005年10月13日 (木)

いやぁ実に嬉しいな。

明日は久しぶりの旧友との再会。そして明後日も、来てくれます。I崎(旧姓)さんです。確か、横国出身の才媛です。明日訪問のキャプテンからは ”少量多品種で!”と言う注文がつきました。いっちょ頑張らせていただきまひょ。と言うことで、まづは先付け。
栗ときのこの胡麻和え、豆腐の味噌漬け、湯葉の刺身、鯵の棒寿司、揚げ栗、おから。
続いてお造り、 豊後水道産鯵、本マグロ中トロ、葉山牛
焼き物 稚鮎の一夜干し、鵡川産本シシャモ、鰆の味噌漬け
箸休め(珍味三種) ばくらい、なめろう、いかの塩辛
揚げ物 三陸産牡蠣フライ、生野菜 自家製ベーコンのカルパッチョ
煮物 牛すじと水菜(うっちぃのお気に入り)
〆に、鯛茶漬け
とまぁ、考えておりますよ。”お腹すかして、かかってこいよ!”
待ってまぁぁっす。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月 8日 (土)

集まれぇ~っ!

 M尾キャプテンからメール来ました。来週 金曜(14日)夜、8時に俊足H君と来店します。お暇なかた、遊びに来てください。それと、K子君もし見てたら 伝言があります。ササチョウの”じゅんちゃん”が 是非会いたいと言っておりましたよ。
 いやぁ、高校時代 H君の両親には大変お世話になりました。ほぼ毎週末お邪魔して
ご飯、お酒をいただきましたよ。あの豪快な 母さんの話がきけると思うと、今からワクワクです。それに亡くなった タコの話は M尾君に色々聞いてみたい。実はこのブログ始めるきっかけと言うか、動機のモトは 彼の死を耳にしたからなんです。生きてるうちに会っておくんだったという後悔の念が今このページを書かせています。もしこのページを読んで まだ彼のことを知らない方、彼の最期をよく知ってる方、是非コメントください。 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年10月 3日 (月)

妙な縁

今日は不思議な一日でした。あるラグビーファンのお客さんが(同窓生ではありません)、阪神ばかり応援してないで ラグビーも見てねって言うから 「なに言ってんの、おいら大分舞鶴だぜい。釜石のK子君なんか同級生だぞぉ」っていつもの台詞で驚かそうと思ったら、ななナント そのお客さんの妹の結婚式の司会をやったのはK子君だというではありませんか。すぐに電話しましたよ。たまたま当人は留守でしたが、嫁のM奈ちゃんと しばし おしゃべり。このブログやアルバムの情報など伝えておきました。すぐに彼女から、コメントなど入れて頂いたようですが、表現に不適切な部分が含まれていたため、全文削除させていただきました(笑)。
 いやぁ、でも嬉しいですね。世の中、狭いというか 人ってどっかでつながってるっていうか、不思議な一日でありました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »